2006年01月29日

見た目で判別する

あまりこういうことを書くと悪徳起業家の連中が勉強したり努力するようになるかもしれないのですが、悪徳情報起業家のサイトかどうかを見抜くのは簡単です。

続きを読む
posted by ひっそり at 22:10| Comment(6) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

小道具を知る

悪徳情報起業家が売っているノウハウというのは信用できず全く役に立たないものばかりです。それでも真面目に働く気もなく、下劣なノウハウを売って生活している輩連中はなんとかして騙され予備軍の方々に自分のノウハウの素晴らしさをアピールして信用させようとしてきます。

そのような時に良く使われる小道具の存在を知るだけで悪徳情報起業家の魔の手から逃れることができるようになるのです。
続きを読む
posted by ひっそり at 17:28| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

溜まり場を知る

前回「類は友を呼ぶ」と触れましたが、似たような意味で悪徳情報起業家の溜まり場というのも存在します。

何も知らずに悪徳情報起業家の子鼠が作ったサイト内のリンクをクリックすると、その瞬間、悪徳情報起業家からカモ扱いされることになりかねません。

続きを読む
posted by ひっそり at 14:21| Comment(10) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

商売センスを磨く

せどりに限らず、物を売る場合には、その商品を本当に必要としている人がいるかどうかを嗅ぎ分ける嗅覚が重要だと思います。

またその商品を売ることによって得るものと失ってしまうものについて考える必要があるでしょう。ここで失いたくないものの筆頭として信用があります。

今回は悪徳情報起業家に騙されてしまいそうな方向けではなく、悪徳情報起業家の仲間入りをしてしまいそうな方に読んでほしいと思っています。
続きを読む
posted by ひっそり at 22:04| Comment(13) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

負けを認めること

人と人との間の中で生きていく上で最も難しいことの一つに負けを認めることがあると思います。

勝って喜ぶのは簡単ですし、負けるのはもっと簡単ですが、負けたという事実を真正面から受け止めることはとても辛いことですよね。
続きを読む
posted by ひっそり at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

真似をすることの大切さ

一から何か新しいことを始めようとする時には、どのようにしてスキルを磨いていくかが鍵を握ると思います。

独学で頑張る人もいるでしょうし、何かに頼ろうとする人もいるでしょう。
続きを読む
posted by ひっそり at 23:13| Comment(3) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

挑戦することの大切さ

攻撃的なエントリーばかりだと、お読みいただく方も書く方も疲れてしまうでしょうから、今日はソフト路線にします。

続きを読む
posted by ひっそり at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

敵を知るということ

昨年末に多くのせどらーを激怒させる事件があったことをご存知でしょうか?

せどり関連の便利なツールを無料で提供して下さっているjuiceさんに対してAMTS(一部2バイト文字使用でキーワード無効化を図っています。またカタカナで「あんつ」と表記されている場合もあります)というマケプレ出品支援ツールを販売している山中が下記のような半ば脅しやたかりとみなされてもやむを得ないような接触をメールで試みたのです。

はじめまして。(有)TPCの山中と申します。

以下要約


弊社はAMTSを初めとするコンピュータソフトウェアに関する特許を出願しております。そこで当方の特許担当と協議をした結果、juiceさんに質問させていただくことにしました。


  1. juiceさんのampmanは特許を出願または取得されていますか?

  2. もし出願または取得されているなら出願番号または公開番号または特許番号をお知らせください。

  3. もし出願または取得されていないならライセンス契約を用意するので、契約していただけますか?

  4. もしライセンス契約を締結しないのなら、今後ampmanの公開の中止は可能ですか?



突っ込みどころが満載なのですが、それについてはひとまず置いておいて、開発者プロフィールに記載されている山中についての記述もご覧下さい。

16年間大手百貨店に勤務し、販売および、お客様対応を徹底的に学ぶ。その間、趣味ではネットオークション、アマゾン等でネット販売を大いに楽しむ。

平成16年、同社を退職後は、リアルとネットでの実践により作り上げた独自の販売ノウハウで、コンサルティングを行うとともに、セミナーを多数開催。

その後、自らも4500冊の在庫でアマゾン出品をする傍ら、その経験を元に、アマゾン・マーケットプレイス用の販売支援ソフトを開発。17年12月に、ソフト開発・販売会社(有)TPC(ティー・ピー・シー)設立に向けて準備中

「フォトリーダー」「コスモマップ・インストラクター」であるとともに、ウイリアム・リード氏直伝の「マインドマッパー」「ゲリラ・マーケッター」でもある。
続きを読む
posted by ひっそり at 13:41| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

「お待ち」にならない

訪問販売の業界で良く使われる用語に「お待ち」があります。

通常なら忌み嫌われる訪問販売ですが、中にはまるで訪問販売が来るのを待っていたかのようにあっさりと契約書にハンコを押してしまう人がいるのです。そのような人を業界では「お待ち」と呼んで崇めています。

ちなみにうちの義母は典型的な「お待ち」です。自分では警戒心に満ち溢れた性格だと思っているようですが、押入れを開けると価格表示のない百科事典セットや羽毛布団などが出てきます。外に出て屋根を見上げると数ヶ月前まで朝日ソーラーが乗っていました(笑)。


では、ネット上での「お待ち」とは、どういう人なのでしょうか?


「儲かる」と聞けば、疑いもせずについつい情報商材を買ってしまうような人ですね。でも、世の中にそんなに簡単に儲かる方法を教えてくれる人がいるでしょうか? 本当に儲かる方法なら簡単に売り出すとは思えませんし、本気で売るつもりでいるのなら、自分はその方法から撤退する覚悟で超高値で放出するはずです。

私個人の話ですが、会社を設立してようやく軌道に乗ってきたと自分でも思えるようになった頃に、信頼できる会社の社長さんからこのようなことを言われました。


「会社を売る時のことは常に考えておきなさい。良い時に売ることは、経営者として一つの切り札になるんだから。そして、売る時は少なくとも年商の5倍以上の額で売りなさい」


この5倍という数字が妥当な数字かどうかは実際に売ってみたことがないので分かりませんが、それぐらいの気構えと自尊心を忘れずに会社を経営していきなさいということでしょう。また自分はそれだけの無形財産があるんだということを教えてくれたのでしょう。


さて、悪徳情報起業家が売り出している情報商材(=ノウハウ)はどうでしょう? 企業秘密と言うべき手法が記載されているはずなのに、あっさり手放しているとしか言いようのない価格で販売しています。おかしいですよね。

人間なら誰でもお金を稼ぎたいと思う気持ちはあるはずです。それなら自分で稼ぐ方法を考えるぐらいの気概を持たなければ稼げないでしょう。

投資の世界では、「情報を得た時には死に情報」という言葉があります。ネット上に氾濫している情報商材も似た傾向があるでしょう。たとえ本当に稼ぐことのできる方法だったとしても、多くの人がやるようになれば、パイの取り分は確実に減少するわけですから。

そういう常識に反して、参入者が増えてもパイの取り分が変わらないというなら、大資本家がこぞって参入してくるでしょう。

怪しい情報には自ら近寄らない。むしろ自分なりにどうすれば今以上に稼ぐことができるのかを試行錯誤してみる方が楽しいでしょう。心にゆとり(隙ではなく)を持つだけで悪徳情報起業家の魔の手からは遠のいていけると断言できます。
posted by ひっそり at 12:19| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

サクラを見抜く力

新年明けましておめでとうございます。2006年は悪徳情報起業家の絶滅に向けてより一層精進いたしますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。


さて新年最初のテーマは「サクラ」です。

冷静に考えてみれば分かることですが、どんなに悪徳情報起業家が頑張ったところで、その商材の露出効果は限られています。またその商材の販売者自体が商材を絶賛したところで信憑性は全くありません。

そのために必要となってくる存在が「サクラ」なのです。

人間関係の重要さ」でも触れましたが、人間関係は悪事を企む者にとっても必要不可欠の存在です。このような輩は腹の中で舌を出しながら、絶妙なバランスを保ちながらお互いを持ち上げることに躍起になります。私に言わせれば、このような屑人間が雁首を揃えたところで、かえって世間的に邪魔な存在になるだけだと断言できるのですが、当事者達は自分以外の人間の存在をバカにしながらも、それを否定できない状況に陥っているのです。

そんな中で、自分では一切情報販売を行わず基本的にひたすら「サクラ」として悪徳情報起業家の上前を跳ねて稼いでいる不届きな輩がいます。


その名は、はい。サムですね。本人が否定しようと、悪質な「サクラ」だと私は断言できます。


ロクにせどりをやっていないような輩なのですが、いかにも分かったような雰囲気を醸し出して、犬も食わないような糞ノウハウを絶賛してアフィリエイト収入を得ています。

私独自のルートで入手した情報ですが、私はマケプレで使用されているサムのアカウントを知っています。最近30日間の評価数がたったの3件。出品暦が1年以上あるにも関わらず評価数合計が267しかありません。

普通に考えて、せどりをやって稼いでいる人間の評価数じゃありませんよね。

なぜなら一般的にマケプレでは購入者の3人に1人が評価を付けると言われています。この仮説がほぼ正しいとするならば、サムは最近30日間で販売した商品数は10点前後。せどりを始めてからの販売合計数を推測しても800、多くても1000点だと考えられます。

私は別に販売数が少ないからどうのこうのと言うつもりは一切ありません。私が尊敬しているせどらーの先輩としてoldbooksellerさんがいますが、この方はほぼ少数精鋭でせどりをやっておられますし、実際にお会いしたことはありませんが、間違いなく人間的にとても素晴らしい方だと思っています。

では、なぜ私がサムを悪質な「サクラ」呼ばわりをするのか? 自分がほとんどせどらーとしての実績を残しているわけでもないのに、他人が書いたせどりノウハウを絶賛できるのでしょうか? それがたとえ素晴らしいノウハウだったとしても、少なくともサムには全く身に付いていないと断言できるのではないでしょうか。

所詮その辺に転がっているせどりノウハウとはその程度のものなんですね。サムに関しては少なくとも、ひろとノウハウの購入者であったことは間違いないはずです。そこから始めて様々なノウハウを購入したような言動を彼のブログでは良く目にします。それでいて実際にサムは全く稼いでいると言えるようなせどり実績を残していない。笑えませんか?


仮にです。サムが紹介しているノウハウが素晴らしいものだとします。では、ここから導かれる結論はどのようなものになるでしょうか?

そうですね、サムには全く読解力がないということになります。

仮にです。サムが紹介しているノウハウが眉唾物のものだとします。では、ここから導かれる結論はどのようなものになるでしょうか?

そうですね、サムは嘘吐きだということになります。


実態がどちらであっても特に問題はないでしょう。読解力のない輩や嘘吐きの言うことをどこまで信用できますか? それに尽きるでしょう。そんな輩に「サクラ」としての存在を依存しなくてはならないノウハウには憐みすら感じます。

悲しい現実というべきか哀れな現実というべきか分かりませんが、サムはせどりノウハウ関連のアフィリエイターとしてはトップクラスの売上を誇っているそうです。

そこで要注意URLとして次の2つのホスト名を挙げておきます。


putisedori.livedoor.biz
www.putisedori.biz
(注:一部大文字にしてSEO効果の削減を図っています)


巧みなリンクの貼り方でアフィリエイト臭さを消していますが、ステータスバーを見れば、「サクラ」に引っ掛かることもなくなるでしょう。また、もし今後javascriptを利用してステータスバーにリンク先のURLを表示しないようにしたとしても、その場合は、HTMLソースを見てみましょう。ここから誘導されるサイトは間違いなく悪徳情報起業家の巣窟だと断言できます。


ちなみにですが、これはインターネット関連の本職プログラマーとしてのサムに対するアドバイスです。

レイアウトの崩れたブログをなんとかして下さい。見苦しいです(笑)。ブログ読者はIE利用者だけとは限りませんからね。
posted by ひっそり at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。