2006年01月10日

商売センスを磨く

せどりに限らず、物を売る場合には、その商品を本当に必要としている人がいるかどうかを嗅ぎ分ける嗅覚が重要だと思います。

またその商品を売ることによって得るものと失ってしまうものについて考える必要があるでしょう。ここで失いたくないものの筆頭として信用があります。

今回は悪徳情報起業家に騙されてしまいそうな方向けではなく、悪徳情報起業家の仲間入りをしてしまいそうな方に読んでほしいと思っています。
実は最近他の方のブログを読んでいて、「何をそんなに慌てているんだろう?」と思ってしまう方がいます。

あやし外道が「ノウハウ販売を企んでいるはず」と早速ネタにしていましたが、私もそんな気配を感じている1人です。


実はこのような気配を感じる前にちょっとした違和感を感じることがあったんですね。その違和感というのは、ある日、私のブログに初めてコメントを書き込んで下さった方がいたのですが、その方のブログを知って、アクセスしてみたんです。そして私もコメントを書いてみたくなるようなエントリーがあったので、お礼を兼ねてコメントを書いてみました。

ところがその翌日だったと思うのですが、なぜか私のコメントが削除されていました。その時はうっかり削除してしまったのかと思っていました。実際、私はコメントスパムをしたつもりはありませんし、それ以前に私はhatena以外のブログにコメントを書き込む際、URLは記入しませんから、コメントスパムにはなりえません。

またコメントの内容に問題があったのかと言うと、削除されてしまいましたが、なぜかそのコメントに対する好意的な返答が私のブログに書き込まれたんですね。

コメントを削除されたり、その返答を私のブログに書き込んだりということに対しては何も感じなかったのですが、妙な違和感を覚えたのは確かです。


その後わずかな期間で、その方のブログはあやし外道を初め他の方も指摘されていますが、ノウハウ販売を企てていると思えるような方向にどんどん進んで行ったんですね。

その理由としては


  • 要注意キーワードの出現

  • 要注意人物との接触

  • 不可解なコメント



大まかにこの3点です。

まず1点目ですが、先日紹介した要注意キーワード(幸せ・稼ぐ)以外にもチェックが必要なキーワードとしてメルマガ高額本リストがあります。

「ブログには書けないようなネタ(主に高額本ネタ)をメルマガで配信しています」


これはせどり界における悪徳情報起業家が得意としているパターンの一つで、ブログのような開放的な場所ではなくメルマガという閉鎖的な場所に誘い込んで、カモを養成しようという典型的な手法です。どうやらノウハウ販売とメルマガ配信は相性が良いのか、悪徳情報起業家やその周りで紹介商法をしている輩はたいていメルマガ登録を強くアピールしています。


次に2点目ですが、先日このブログで悪徳情報起業家と断言した山中と接触しているあたりで、かなり悪徳情報起業家志向が強いと思われます。「類は友を呼ぶ」と言いますが、日々平凡にせどりをやる上で山中に接触しなければならない理由があるでしょうか。売上を伸ばしたいのなら、山中以外に見習うべき人は他にたくさんいるはずです。

それなのにわざわざ歩み寄って行くというのは、どう考えてもノウハウ販売を予定しているとしか考えられません。ノウハウ購入者以外の人間で山中とネットを介して接触していると思われる連中はことごとく悪質なノウハウ販売をしていると言わざるをえません。

むしろ悪徳情報起業家になるためのノウハウを山中に教えてもらう以外に山中と付き合うメリットはないと断言できます。


最後に3点目ですが、あやし外道にネタにされてから、数名の方のブログに「誤解されています」という趣旨のコメントを残しています。本当にあやし外道の誤解なら良いのですが、残念ながら切り口は違えど私もあやし外道と同じ視線で見ていますし、似たようなことをブログに書いておられる方もいらっしゃいます。

本当に誤解を解きたいのなら、コメントに返事を書いてくれた方が言うように「否定できることは(自分の)ブログ内で否定」すれば良いんですよね。しかし、否定することはなく、それ以外の記事は数エントリー書いているんです。

つまり(後から削除できるにせよ)ブログで(ノウハウ販売を予定していることを)否定できない理由があるのではないでしょうか。


「火のない所に煙は立たない」と言いますが、今回はあまりにも不審な点が露出しすぎてしまったような気がします。


今回の表題ですが、こういう時こそ「商売センス」が問われる時でしょう。想定価格1万円前後でノウハウを売ったところで、どれだけ利益になりますか? 白紙のノウハウを売るわけにはいかないでしょうから、実際にノウハウを書かなければなりませんが、それに費やす時間はどれぐらいなんでしょうか?

その一方でノウハウ販売をする際には、個人情報を購入者に公開する必要があります。せどりノウハウは根本的に存在しえないものですから、恐らく多くの購入者が購入後不満を抱くことになるでしょう。「あいつは悪徳情報起業家」と名指しで批判を受ける覚悟で販売するには、あまりにも割の合わない商品ではないでしょうか。ましてや現在のブログは開設されてさほど時間も経っていませんし、横のつながりを構築できているような状況ではないと思います。

「横のつながりが希薄なうちにやる」と言うのなら、失うものも少ないでしょうが、その分、カモも寄って来づらいのではないでしょうか。


唯一信頼できるノウハウを販売していると断言できる草莽堂さんでさえ、ノウハウ販売を発表した前後には心無い中傷があったようです。それでも長期間に渡って培ってきた人脈と実績があるからこそ、未だにせどりブログ界の重鎮として、多くの方に慕われていますが、普通に考えて草莽堂さんは例外だと思うべきでしょう。


そもそも「ノウハウを売って楽に稼ごう」と思う事自体、「商売センス」のなさの表れです。「商売をやるのにつまらんプライドはいらない」と言いますが、その一方で捨ててはいけないプライドも必ずあるはずです。残しておくべきプライドを捨ててまでノウハウを売ろうと考えるのは「商売センス」が全くないに等しいことです。ましてや最近では騙されてノウハウを買ってしまう人も減ってきていることでしょう。


人生は長いですよ。この先、数ヶ月や数年で終わるわけじゃないでしょう。ずっと生きていかなければならないんです。それなのにプライドを切り売りして得られるお金がどれほど残るというのでしょうか。

売るべきものと残すべきものを見極める商売センスは絶対に必要だと断言します。
posted by ひっそり at 22:04| Comment(13) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「せどり入門」の坪井と申します。本名も
住所も明かしてもいいのですが、今回は
見送らせて頂きます。おそらく私のことを
記事になさっていると思われますので、
少しですがコメントさせていただきます。

私事ですが私は「攻撃してくる人が苦手」
なのです。ある病気に罹患しております。
「あやしさん」は苦手です。
なぜか、いきなりある日攻撃してきたのです。
それなので、あやしさんの記事にはコメント
しませんでした。
それは、あなたがおっしゃるとおり、きっと
私の文面に過剰反応されたのだと思います。
まず、私のスタンスですが、私はアフィリエイト
を容認しておりますし、価値ある(と思われる)
情報商材も存在すると思っております。
これは私が購入したものではなく風評で
判断している域を出ませんが。

それと、ここは大きな誤解を生んでいるようですが
メルマガはせどり専用メルマガではありません。
それにまだ発行準備さえしておりません。
もちろんちまたにあふれているアフィリ専用
ともいうべきメルマガも想定しておりません。
後は高額本リストは、自分のために作成中です。
その中のごく一部を無料配布するつもりで
おりました。なぜかと申しますと、必要と
判断なさる方がいればそれあはその方の判断
で入手すればよいからです。一部を公開と
いう形式をとるつもりでおりましたので
私には不利益にはなりません。

あと山中氏ですが、私は会ったこともありません
し、単純に便利そうだという判断で「AMTS」
を購入したのです。使用方法について少し
メールをしたところ、検品をどうやっているかと
いう話になり、それでは検品シートを下さる
といので頂いたという関係です。その検品シート
が、私の基準より、よく出来たものですたので
「誉めた」までです。それ以上でも以下でも
ありません。

下記の引用は私のことでしょうか。
もしそうならば、申し訳ありませんが
記憶にないのです。ブログも初めて
間もなく仕組みも理解しておりませんでした。

====引用(始まり)=========
実はこのような気配を感じる前にちょっとした違和感を感じることがあったんですね。その違和感というのは、ある日、私のブログに初めてコメントを書き込んで下さった方がいたのですが、その方のブログを知って、アクセスしてみたんです。そして私もコメントを書いてみたくなるようなエントリーがあったので、お礼を兼ねてコメントを書いてみました。

ところがその翌日だったと思うのですが、なぜか私のコメントが削除されていました。その時はうっかり削除してしまったのかと思っていました。実際、私はコメントスパムをしたつもりはありませんし、それ以前に私はhatena以外のブログにコメントを書き込む際、URLは記入しませんから、コメントスパムにはなりえません。

またコメントの内容に問題があったのかと言うと、削除されてしまいましたが、なぜかそのコメントに対する好意的な返答が私のブログに書き込まれたんですね。

コメントを削除されたり、その返答を私のブログに書き込んだりということに対しては何も感じなかったのですが、妙な違和感を覚えたのは確かです
=====引用(終わり)==========

これで私のコメントを終わらせて頂きます。
長文で失礼しました。

もう少し書かせていただきたいのですが
今回はこれで終わらせて頂きます。
Posted by twoboy20 at 2006年01月23日 05:34
お忙しいとは思いますが、ご返信を頂けますで
しょうか。
Posted by twoboy20 at 2006年01月23日 14:01
今回の私の危惧は恐らく私の誤解だったのかもしれません。誤解だったとするならば心からお詫び申し上げます。
Posted by ひっそり at 2006年01月23日 20:35
お忙しいところ長文を読んで頂きましてありがとうございます。私のブログ(考え方を含めて)はこのオークションカテゴリーにて「誤解」されていることが大変残念です。ひっそり様とはお考えが違うと思いますがくれぐれも「表面のみ」を見てご判断されることは差し控えて頂ければと思います。もちろん、その「誤解」を生むような私の稚拙な文章が元凶かもしれません。私も今後注意いたします。この一連の文章を私のブログで発表してもよろしいでしょうか。無理ならば諦めます。私にも「弁明」の機械を与えてください。よろしくお願い申し上げます。
Posted by twoboy20 at 2006年01月23日 20:56
今回の記事にも書きましたが、ブログ内で誤解を解くのが一番良い方法だと思います。私からもぜひお願いしたいです。
Posted by ひっそり at 2006年01月23日 21:22
編集が大変なので
このページ全体をカット&ペーストしてしまおうか
と思いましたがそうしますとひっそりさんの名前
が出てしまうのでそこは●●●●にします。
それでどうでしょうか。ご返信をお待ちして
おります。
Posted by twoboy20 at 2006年01月23日 21:43
なるべくコピーペーストじゃなくtwoboy20さんご自身の言葉の方が良いように思います。
Posted by ひっそり at 2006年01月23日 22:23
やはり前提となるひっそり様のお言葉が無くては
「弁明」の効果が半減されてしまいます。ぜひとも
使わせてください。よろしくお願い致します。
Posted by twoboy20 at 2006年01月23日 22:29
必要最小限の範囲で明らかに引用と分かるようにしていただけるのでしたら構いませんが、あまり必要な気がしないんですよね(^^;
Posted by ひっそり at 2006年01月23日 22:43
先ほど記事をUPしました。結局、引用も
多くなってしまいました。

もしご不明点がございましたら、ご連絡を
お願い致します。早急に対処いたします。
それではよろしくお願い致します。
Posted by twoboy20 at 2006年01月24日 00:06
率直に言わせていただきます。読書感想文の宿題に対して課題の本を丸写ししたようなものとしか私には言いようがありません。

また今回のtwoboy20さんの記事では、この私の記事全文中から2箇所省略されているのですが、どのような意図で該当箇所を省略されたのでしょうか。間違いなく長文の域に入る私の記事をほぼ全文引用しながら、なぜ2箇所だけ割愛する必要があったのでしょうか。twoboy20さんにとって都合の悪い箇所だったのでしょうか。

今回の一連のコメント冒頭で私は確かに「誤解だったとするならば心からお詫び申し上げます」と書きましたが、残念ながら未だ誤解だったと思える状況にはなっていません。

しかしながら私がこのブログを書いている目的はtwoboy20さんがこれから悪徳情報起業家の仲間入りをするかどうかを調べるためではなく悪徳情報起業家に騙されそうな人を少しでも減らすためのものです。

今回の記事は「悪徳情報起業家になろうなんて考えないで下さい」というメッセージ色を全面的に出したつもりだったのですが、現状では単なるおせっかいだったようですね。

もちろんおせっかいだったとしても、その源にある私の見方が誤解であったと思えるようになりたいという願いは今もそのままです。
Posted by ひっそり at 2006年01月24日 14:38
こんばんは。お世話になります。
ひっそり様のコメントに対してご回答させて頂きます。

(1)
>率直に言わせていただきます。読書感想文の宿題に
>対して課題の本を丸写ししたようなものとしか私に
>は言いようがありません。

これに関しては私の文章力がここまでしかないと
しか言いようがありません。特に「課題の本を
丸写ししたようなものと」という点につきま
しては決してそのようなつもりで書いたのでは
ありません。自分の言葉で誠意を持って書いた
つもりでおります。


(2)
>また今回のtwoboy20さんの記事では、この私の
>記事全文中から2箇所省略されているのですが
>どのような意図で該当箇所を省略されたので
>しょうか。間違いなく長文の域に入る私の記事
>をほぼ全文引用しながら、なぜ2箇所だけ割愛
>する必要があったのでしょうか。twoboy20さん
>にとって都合の悪い箇所だったのでしょうか。

それは下記の部分だと思いますが、繰り返しに
なりますが記憶にないのです。私の判断で引用
文から削除してしまいましたことは謝りますが
瑣末的なことではないかと思っておりました。
特別な意図はありません。全文を引用するべき
であったと反省しております。

=====引用部分============
下記の引用は私のことでしょうか。
もしそうならば、申し訳ありませんが
記憶にないのです。ブログも初めて
間もなく仕組みも理解しておりませんでした。

====引用(始まり)=========
実はこのような気配を感じる前にちょっとした違和感を感じることがあったんですね。その違和感というのは、ある日、私のブログに初めてコメントを書き込んで下さった方がいたのですが、その方のブログを知って、アクセスしてみたんです。そして私もコメントを書いてみたくなるようなエントリーがあったので、お礼を兼ねてコメントを書いてみました。

ところがその翌日だったと思うのですが、なぜか私のコメントが削除されていました。その時はうっかり削除してしまったのかと思っていました。実際、私はコメントスパムをしたつもりはありませんし、それ以前に私はhatena以外のブログにコメントを書き込む際、URLは記入しませんから、コメントスパムにはなりえません。

またコメントの内容に問題があったのかと言うと、削除されてしまいましたが、なぜかそのコメントに対する好意的な返答が私のブログに書き込まれたんですね。

コメントを削除されたり、その返答を私のブログに書き込んだりということに対しては何も感じなかったのですが、妙な違和感を覚えたのは確かです
=====引用(終わり)==========
======================

(3)
>今回の一連のコメント冒頭で私は確かに「誤解だ
>たとするならば心からお詫び申し上げます」と書き
>ましたが、残念ながら未だ誤解だったと思える状況
>にはなっていません。

わかりました。
残念ですが、ひっそり様がそう仰られるならば
私としましては、そのお言葉を頂戴しておきます。


(4)
>しかしながら私がこのブログを書いている目的は
>twoboy20さんがこれから悪徳情報起業家の仲間入
>りをするかどうかを調べるためではなく悪徳情報
>起業家に騙されそうな人を少しでも減らすための
>ものです

ひっそり様の主張されていらっしゃることに
関しては理解しているつもりです。

(5)
>今回の記事は「悪徳情報起業家になろうなんて
>考えないで下さい」というメッセージ色を全面的
>に出したつもりだったのですが、現状では単なる
>おせっかいだったようですね。
>
>もちろんおせっかいだったとしても、その源に
>ある私の見方が誤解であったと思えるようになり
>たいという願いは今もそのままです。

誤解がまだ解けていないようですが、仕方が
ありません。ただ決して「単なるおせっかい」
とは受け止めてはおりません。
ひっそり様のお言葉は真摯に受け止めております。


最後になりますが、ひっそり様の記事を
私の記事「誤解」に引用しておりますので
それがひっそり様の意図するものとは違う
とお考えの場合には削除させて頂きます。
また、それとともに、ひっそり様への謝罪
記事を書きます。ご迷惑をおかけして
しまったようで申し訳ありません。



Posted by twoboy20 at 2006年01月24日 22:51
「必要最小限の範囲で明らかに引用と分かるように」とお願いしましたが、引用と言うより全文転載をされた挙句、引用とは分かっても引用元の分からないような手法で転載されることは私の本意ではありません。このお願いは私の勝手なものではなく、世間一般における引用の際のルールであると私は認識しています。少なくともインターネットだけに限られたルールではないと思います。

恐れ入りますが引用箇所全てを削除していただきますようお願いいたします。削除していただくだけで私は満足です。

また現段階ではtwoboy20さんのことを誤解していたとは言えない状況ですが、誤解していたと分かった際には、即座に謝罪いたします。

まだまだtwoboy20さんにはこの件に関して書きたいことが多々あるかと思いますが、以後はこまめにtwoboy20さんのブログを拝見させていただきますので、こちらへのご返答を控えていただけますと幸いです。
Posted by ひっそり at 2006年01月25日 17:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。