2006年01月14日

溜まり場を知る

前回「類は友を呼ぶ」と触れましたが、似たような意味で悪徳情報起業家の溜まり場というのも存在します。

何も知らずに悪徳情報起業家の子鼠が作ったサイト内のリンクをクリックすると、その瞬間、悪徳情報起業家からカモ扱いされることになりかねません。

実はこの記事を書くにあたって、今回ターゲットとするサイトに会員登録することも考えました。ただ規約を読んで、たとえ匿名であっても、そのサイトを中傷しては規約に触れる可能性があると考え、非会員の立場で自由に書いてみることにしました。


さて、今回のターゲットはwww.infocart.jpです。googleでこのドメイン(半角英字に直して下さい)を検索すれば、一番上に表示されています。


私がこのサイトの存在を知った時は、悪徳情報起業家にうまく利用されているASPというイメージだったのですが、実態はどうも違うようですね。サイトの趣旨としては、悪徳情報起業家の育成がメインとなっているようです。

そしてすでに暗躍している悪徳情報起業家は徹底的にこのサイトを活用しています。

まずはgoogleで検索して、このASPのサイトにアクセスしてみて下さい。トップページから怪しげなノウハウが溢れかえっています。愚劣なノウハウの羅列を一度でも見てしまえば、買ってみようという気持ちもなくなることでしょう。

悪徳情報起業家はここでノウハウ販売の広告を出し、直属の子鼠以外にもノウハウを紹介してくれるサイトの出現を待ち構えているのです。

さて、その報酬率は最大で70%とのことです。それ以外にも販売した数に応じて利用手数料を悪徳情報起業家は支払うことになります。果たしてこんなに手数料ばかりを払っていて儲かるのでしょうか。

実態は儲かるんですね。なぜなら報酬や手数料を支払った後に残る額から仕入コストや販売コストを考慮する必要がありません。つまり利益率100%ということになります。つまり1回あたりに欲しいと思う額から逆算して販売価格にすれば良いのです。


もちろんこのASPサイトへ直接アクセスして愚劣なノウハウの一覧を見れば購入意欲もなくなるでしょうが、実際は子鼠やその系列のアフィリエイターのサイトに貼られたリンクを通じて、販売ページにアクセスすることになりますので、ちょっとでも油断すれば過ちを犯しかねません。

そこで簡単にアフィリエイトリンクを回避する方法をご紹介したいと思います。


    ステータスバーを確認する

    HTMLソースで確認する

    ウイルスバスター等を通じてフィルタをかける



まず最も簡単なのは「ステータスバーで確認する」ことです。通常画面の左下にリンク先のURLが表示されますので、ここにinfocart.jpというホスト名を発見すれば、そのリンクをクリックしないことです。単純な方法ですが、最も間違いの少ない方法だと言えます。

しかし、悪徳情報起業家やその子鼠はある意味狡賢く、ステータスバーで確認できないようjavascriptなどを使って、リンク先のURLが表示されないよう細工をしてくることがあります。それでも確認しようと思えば、HTMLソースやjavascriptファイル(.jsファイル)を見ることによって、どのサイトに誘導しようとしているのかを判別することができます。

この程度のからくりを講じてくる程度ならまだ問題ないのですが、tinyurl等といったURLを別表記に変えてくれるサービスが存在し、そのサービスによって得られたURLをリンク先として貼られてしまうとアクセスを防ぐ手段がなくなります。


では、どうすればこのサイトへのアクセスを完全に遮断することができるのでしょうか。


最も簡単で効果的な方法としてはウイルスバスター2006のURLフィルタ機能を使うことです。その設定方法はいたって簡単です。


    ウイルスバスター2006の管理画面を起動させる

    「有害情報/詐欺への対策」をクリックする

    「URLフィルタ」をクリックする

    「URLフィルタを有効にする」をチェックして、その下の方にある「例外設定を」クリックする

    「禁止するWebサイト」タブを開き、追加ボタンを押してwww.infocart.jpのトップページURLを禁止URLとして設定する



面倒だと思うかもしれませんが、一度設定してしまえばずっと有効ですから、決して損のない方法です。


きつい言い方になりますが、この世に悪徳情報起業家が存在する意味はありません。この手の輩がいなくなっても困る人はいません。ですから悪徳情報起業家が割の合わない商売だと気付かせ、なおかつその土壌となっている溜まり場から力を失わせることは非常に重要だと断言します。
posted by ひっそり at 14:21| Comment(10) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本日のブログで紹介させていただきました。
ご挨拶が遅くなってなってすみません。
もし、お気にかかる文面がありましたら
ご指導下さい。
いつも勉強させていただいています。
どうぞよろしくお願いします。
Posted by もも at 2006年01月16日 09:39
ももさん、コメントありがとうございます。ももさんのブログも拝見させていただきました。こんなブログですが、ノウハウ購入を思いとどまっていただく一助になれたようで光栄です。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by ひっそり at 2006年01月17日 01:04
にゃん子です、ひっそりさん今晩は!
こちらのブログの方も応援しております、
がんばって下さい!(@−@)
Posted by くまねこ堂 at 2006年01月19日 00:37
にゃん子さん、こんにちは。にゃん子さんの応援に応えるべく今日は頑張って新記事を書く予定です(^^;
Posted by ひっそり at 2006年01月22日 10:29
初めまして。
このページを見つけた時は、うれしかったです。
同じような方向性で、blogを書き始めた所です。
インターネットで直ぐ見つけられるような、
簡単な情報や、ASPからの禁止事項をノウハウと称して平気で売り、
ユーザーを騙し続ける悪徳情報起業家には、もうウンザリです。

ちょくちょく寄らせて頂きますので
宜しくお願い致します。
Posted by itentrepreneur at 2006年01月28日 16:25
はじめまして。
早速itentrepreneurさんのブログも拝見させていただきました(^^) 今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by ひっそり at 2006年01月29日 16:35
 的確な分析に、なるほどと思い初書き込みさせていただきました。以下の件で助言頂けるようであればお願いいたします。

 今からやるなら差別化が必要だから、「洋書セドリ位かな」と漠然と考えていた所、やはりそれに特化した人が出てきました。
 海外取引の勉強として久しぶりに情報商材を1つ買ってみようかと考えていたのですが、彼女は例の大学生社長とタッグ組んでるんですよね。
 私は、大学生社長の商材は欲しいと思ったことは無かったので、特に何の感想も持っていなかったのですが、「類は友を呼ぶ」の法則から行くと避けた方が好ましいのでしょうか?

 私、blog等始めてなくて、メアドしかコミュニケーション手段無いのですが、web上に書いて不味い事項有るなら、メールで頂けると幸いです。
Posted by 路地裏 at 2006年01月31日 15:03
「類は友を呼ぶ」の法則が当てはまりそうな気配ですね。せどりは正解が1つしかないということはありませんので、ノウハウが参考になることはあったとしても、それで即座に購入した人が実践できるということにはつながりませんよね。
路地裏さんは「洋書せどり」に目を付けられておられるそうですが、やっている人が少ない今だからこそ路地裏さん独自の洋書せどりノウハウを自由に構築できるとお考えになられてはいかがでしょうか?
Posted by ひっそり at 2006年02月02日 17:20
わけがわからないまま、最初は「えげつない!」(とくに菅野)と思いながらメルマガの無料レポートをいろいろと取っていきました。
「誰かがどこかで大もうけしているに違いない」…その仕組みを知りたくてネットサーフィンを続けました。
「もしかしたら…」という、スケベ根性は、もちろんありました。
数ヶ月、毎日おびただしくサラ金の取りたて屋然と送りつけられるメルマガにアキアキして、見過ごしていました。そのうち、AとBがつながっている、AとBとCがつながっている、AとBとCとDがつながっている…、相関図がなんとなく見えてきました。
「でも、なにか儲けの仕組みがある。参入できるんだろうか」そういう仕掛けがなんとなくわかってきました。

そうしてダラダラと相も変わらず、バカとしか言いようのないくらい送られてくるメルマガを放置するにしのびなく、「きっと誰かがこの事実を知らせてくれているかもしれない」そう思って
『情報起業家 からくり』と、ネットで検索してみました。そして、やっとこのサイトにたどりつきました。疲れましたぁ。今夜はこの宿で泊まらせてください。お休みなさい。
Posted by booboo at 2006年03月28日 17:55
全く同じことを考えていました。もっとこのブログを多くの人に読んでもらいたいですね。そして、悪徳情報起業家の鴨になりかけている・鴨になってしまった人達に目を覚まして欲しいと思います。
Posted by 悪徳反対 at 2006年08月03日 01:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11683145
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。