2006年01月29日

見た目で判別する

あまりこういうことを書くと悪徳起業家の連中が勉強したり努力するようになるかもしれないのですが、悪徳情報起業家のサイトかどうかを見抜くのは簡単です。

続きを読む
posted by ひっそり at 22:10| Comment(6) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

敵を知るということ

昨年末に多くのせどらーを激怒させる事件があったことをご存知でしょうか?

せどり関連の便利なツールを無料で提供して下さっているjuiceさんに対してAMTS(一部2バイト文字使用でキーワード無効化を図っています。またカタカナで「あんつ」と表記されている場合もあります)というマケプレ出品支援ツールを販売している山中が下記のような半ば脅しやたかりとみなされてもやむを得ないような接触をメールで試みたのです。

はじめまして。(有)TPCの山中と申します。

以下要約


弊社はAMTSを初めとするコンピュータソフトウェアに関する特許を出願しております。そこで当方の特許担当と協議をした結果、juiceさんに質問させていただくことにしました。


  1. juiceさんのampmanは特許を出願または取得されていますか?

  2. もし出願または取得されているなら出願番号または公開番号または特許番号をお知らせください。

  3. もし出願または取得されていないならライセンス契約を用意するので、契約していただけますか?

  4. もしライセンス契約を締結しないのなら、今後ampmanの公開の中止は可能ですか?



突っ込みどころが満載なのですが、それについてはひとまず置いておいて、開発者プロフィールに記載されている山中についての記述もご覧下さい。

16年間大手百貨店に勤務し、販売および、お客様対応を徹底的に学ぶ。その間、趣味ではネットオークション、アマゾン等でネット販売を大いに楽しむ。

平成16年、同社を退職後は、リアルとネットでの実践により作り上げた独自の販売ノウハウで、コンサルティングを行うとともに、セミナーを多数開催。

その後、自らも4500冊の在庫でアマゾン出品をする傍ら、その経験を元に、アマゾン・マーケットプレイス用の販売支援ソフトを開発。17年12月に、ソフト開発・販売会社(有)TPC(ティー・ピー・シー)設立に向けて準備中

「フォトリーダー」「コスモマップ・インストラクター」であるとともに、ウイリアム・リード氏直伝の「マインドマッパー」「ゲリラ・マーケッター」でもある。
続きを読む
posted by ひっそり at 13:41| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

サクラを見抜く力

新年明けましておめでとうございます。2006年は悪徳情報起業家の絶滅に向けてより一層精進いたしますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。


さて新年最初のテーマは「サクラ」です。

冷静に考えてみれば分かることですが、どんなに悪徳情報起業家が頑張ったところで、その商材の露出効果は限られています。またその商材の販売者自体が商材を絶賛したところで信憑性は全くありません。

そのために必要となってくる存在が「サクラ」なのです。

人間関係の重要さ」でも触れましたが、人間関係は悪事を企む者にとっても必要不可欠の存在です。このような輩は腹の中で舌を出しながら、絶妙なバランスを保ちながらお互いを持ち上げることに躍起になります。私に言わせれば、このような屑人間が雁首を揃えたところで、かえって世間的に邪魔な存在になるだけだと断言できるのですが、当事者達は自分以外の人間の存在をバカにしながらも、それを否定できない状況に陥っているのです。

そんな中で、自分では一切情報販売を行わず基本的にひたすら「サクラ」として悪徳情報起業家の上前を跳ねて稼いでいる不届きな輩がいます。


その名は、はい。サムですね。本人が否定しようと、悪質な「サクラ」だと私は断言できます。


ロクにせどりをやっていないような輩なのですが、いかにも分かったような雰囲気を醸し出して、犬も食わないような糞ノウハウを絶賛してアフィリエイト収入を得ています。

私独自のルートで入手した情報ですが、私はマケプレで使用されているサムのアカウントを知っています。最近30日間の評価数がたったの3件。出品暦が1年以上あるにも関わらず評価数合計が267しかありません。

普通に考えて、せどりをやって稼いでいる人間の評価数じゃありませんよね。

なぜなら一般的にマケプレでは購入者の3人に1人が評価を付けると言われています。この仮説がほぼ正しいとするならば、サムは最近30日間で販売した商品数は10点前後。せどりを始めてからの販売合計数を推測しても800、多くても1000点だと考えられます。

私は別に販売数が少ないからどうのこうのと言うつもりは一切ありません。私が尊敬しているせどらーの先輩としてoldbooksellerさんがいますが、この方はほぼ少数精鋭でせどりをやっておられますし、実際にお会いしたことはありませんが、間違いなく人間的にとても素晴らしい方だと思っています。

では、なぜ私がサムを悪質な「サクラ」呼ばわりをするのか? 自分がほとんどせどらーとしての実績を残しているわけでもないのに、他人が書いたせどりノウハウを絶賛できるのでしょうか? それがたとえ素晴らしいノウハウだったとしても、少なくともサムには全く身に付いていないと断言できるのではないでしょうか。

所詮その辺に転がっているせどりノウハウとはその程度のものなんですね。サムに関しては少なくとも、ひろとノウハウの購入者であったことは間違いないはずです。そこから始めて様々なノウハウを購入したような言動を彼のブログでは良く目にします。それでいて実際にサムは全く稼いでいると言えるようなせどり実績を残していない。笑えませんか?


仮にです。サムが紹介しているノウハウが素晴らしいものだとします。では、ここから導かれる結論はどのようなものになるでしょうか?

そうですね、サムには全く読解力がないということになります。

仮にです。サムが紹介しているノウハウが眉唾物のものだとします。では、ここから導かれる結論はどのようなものになるでしょうか?

そうですね、サムは嘘吐きだということになります。


実態がどちらであっても特に問題はないでしょう。読解力のない輩や嘘吐きの言うことをどこまで信用できますか? それに尽きるでしょう。そんな輩に「サクラ」としての存在を依存しなくてはならないノウハウには憐みすら感じます。

悲しい現実というべきか哀れな現実というべきか分かりませんが、サムはせどりノウハウ関連のアフィリエイターとしてはトップクラスの売上を誇っているそうです。

そこで要注意URLとして次の2つのホスト名を挙げておきます。


putisedori.livedoor.biz
www.putisedori.biz
(注:一部大文字にしてSEO効果の削減を図っています)


巧みなリンクの貼り方でアフィリエイト臭さを消していますが、ステータスバーを見れば、「サクラ」に引っ掛かることもなくなるでしょう。また、もし今後javascriptを利用してステータスバーにリンク先のURLを表示しないようにしたとしても、その場合は、HTMLソースを見てみましょう。ここから誘導されるサイトは間違いなく悪徳情報起業家の巣窟だと断言できます。


ちなみにですが、これはインターネット関連の本職プログラマーとしてのサムに対するアドバイスです。

レイアウトの崩れたブログをなんとかして下さい。見苦しいです(笑)。ブログ読者はIE利用者だけとは限りませんからね。
posted by ひっそり at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

人間関係の重要さ

ネットに限った話ではありませんが、ネット上の人間関係というのは非常にデリケートな問題を抱えています。相手の本音が読みづらく何を考えているか分からないという場合が多々あるはずです。

しかしネット上の付き合いにデリケートな問題があるとは言っても、それでも私はなるべく多くの人とネット上で付き合いを持つことをお薦めします。特に悪徳情報起業家の餌食にならないようにするためには、良きネットの先輩を見つけることが大事ですね。


ただ先輩なら誰でも良いというわけではありません。相手をよく見て選んで下さい。


手っ取り早く、個々のせどらーさんがどういう人なのかを知りたい場合には、私が勝手に師匠と呼んでいるあやし外道が作ったあやし外道的せどらー生態図鑑があります。「せどりのワイドショー」を自負されているだけあって、それぞれのせどらーさんを良く観察されている素晴らしい仕上がりのページになっています。ここで軽く前知識を蓄えておけば良いかと思います。

この中で特に覚えておいて損のないのは「害虫系せどらー」に分類されている数名です。この連中のやり口は単純です。


「**さんが講師を務めるセミナーに参加してみましたー。新しい発見があってとても有意義な時間を過ごすことができました」

「**さんが今度新しいノウハウを販売するそうです。とても楽しみですー」

お互いがお互いにサクラとなって、信頼度を上げようと頑張っている様子が窺い知れます(笑)。


最近は全く誘われなくなりましたが、学生時代に無理矢理連れていかれたアムウェイやニュースキンの集会に似た空気をここに感じます。ただ、こういう言い方をするとアムウェイやニュースキンに失礼かもしれませんね。ああいう仕組みは好きになれませんが、アムウェイの洗剤は結構優秀ですからね(笑)。良い商品があるのに仕組みが悪くて損をしているパターンでしょう。

話を元に戻しますが、害虫系せどらーに属する連中はもはや取り返しのつかない状態に陥っているのです。わざわざお金を払わせてまで売るような内容でもない情報で収入を得ることを知って、引き返せなくなっているわけです。中には会社を辞めて悪徳情報起業家となっている輩もいるようですが、私に言わせればライフスタイルの自転車操業状態に陥っているとしか言いようがありません。ひたすら悪の道を突き進んで行くしかできなくなっているわけです。

こんな連中と付き合っても有益なことは一切ないと断言します。


私の場合、きっかけは様々だとしてもネットで見かけた人の中で尊敬できるなと思う人(先輩)には自分から歩み寄っていくようにしています。その人がブログを書いているなら、コメントを書いてみたりですね。質問や相談をしてみたこともあります。

せどりに関しては、始めたばかりの頃には草莽堂さんにかなりお世話になりました。それで実際にお会いしてみたいと思い、無理矢理会ってもらうこともできました。

他にも何名かと実際にお会いするようになり、頻繁に顔を合わせているような方もいます。

良い先輩に近付いていくということは、それだけ悪徳情報起業家に騙される余地を減らすことができるのです。

例えばですが、来年早々ひろとが「新せどりノウハウ」を出すそうです。もしこれからせどりを始めてみようかなと考えていて、このノウハウを買うべきかどうか迷った時には、日頃からブログのコメント欄に質問や相談が書き込まれている方に相談してみて下さい。もちろん私に質問していただいても構いませんが、今ここで私の考えを述べておきます。


「新せどりノウハウ」は不要です。


こんなノウハウに頼らなくても、せどりはできますからね。論より証拠で、携帯電話を持ってかっぱ総研さんが提供されているぱぱらっちにアクセスしてみて下さい。そしてまずは近所のブックオフの105円棚に向かって下さい。105円棚全てをチェックするのは大変でしょうが、任意の1列に並んでいる本の最安値を全て調べてみて下さい。ここからせどりは始まるのです。


今はブログという便利なツールが普及してネット上の人間関係を構築しやすくなっています。ただ間違っても悪徳情報起業家を中心とする連中には付き合わないことです。近寄らないことです。こういう輩はカモがいるから生きながらえているだけです。カモがいなくなれば続けようがなくなります。

もし、せどりに関するノウハウを購入しようかどうか迷っている方が、やっぱり購入しないでおこうと決められたら、それだけで悪徳情報起業家の寿命がわずかでも縮まるのです。

何か質問や相談がある場合には、なるべく多くの方に投げかけてみて下さい。多くの意見を聞けば聞くほど、良好な人間関係を構築していくことにつながりますし、そして何よりも悪徳情報起業家に騙されずに済む確率が上がりますので。
posted by ひっそり at 00:10| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。