このサイトでは主にせどりを中心とした悪徳ノウハウに騙されずに身を守る防衛術【心技体】について解説していきます。この【心技体】とは次の内容となります。


【心】ノウハウに騙されないための考え方について解説します。
【技】ノウハウに騙されないために必要な技術について解説します。
【体】ノウハウに騙されないために必要な行動について解説します。


なお、本文中に記載する人名やサイト名、ノウハウ名には原則として直接リンクを貼りません。リンクを貼ることによって多少なりとも検索エンジン対策に貢献してしまうことを避けるためです。


私がこのブログで叩いている人間が私を訴えるというのも結構です。頑張って私の素性を調べ上げて是非とも訴状を送り付けて下さい。
マケプレ評価訴訟で敗訴した私の経験では、訴えても効果はないはずですし、逆に敗訴した経験から勝つための裁判術も知り得ていますから。もちろん私が敗訴した際の判例も利用しますよ〜〜〜。

banner_02.gif ← 悪徳情報起業家撲滅のために1クリックお願いします。

アフィリエイトに役立つCSSを活用したSEO対策

2006年01月08日

負けを認めること

人と人との間の中で生きていく上で最も難しいことの一つに負けを認めることがあると思います。

勝って喜ぶのは簡単ですし、負けるのはもっと簡単ですが、負けたという事実を真正面から受け止めることはとても辛いことですよね。
続きを読む
posted by ひっそり at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

真似をすることの大切さ

一から何か新しいことを始めようとする時には、どのようにしてスキルを磨いていくかが鍵を握ると思います。

独学で頑張る人もいるでしょうし、何かに頼ろうとする人もいるでしょう。
続きを読む
posted by ひっそり at 23:13| Comment(3) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

挑戦することの大切さ

攻撃的なエントリーばかりだと、お読みいただく方も書く方も疲れてしまうでしょうから、今日はソフト路線にします。

続きを読む
posted by ひっそり at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

敵を知るということ

昨年末に多くのせどらーを激怒させる事件があったことをご存知でしょうか?

せどり関連の便利なツールを無料で提供して下さっているjuiceさんに対してAMTS(一部2バイト文字使用でキーワード無効化を図っています。またカタカナで「あんつ」と表記されている場合もあります)というマケプレ出品支援ツールを販売している山中が下記のような半ば脅しやたかりとみなされてもやむを得ないような接触をメールで試みたのです。

はじめまして。(有)TPCの山中と申します。

以下要約


弊社はAMTSを初めとするコンピュータソフトウェアに関する特許を出願しております。そこで当方の特許担当と協議をした結果、juiceさんに質問させていただくことにしました。


  1. juiceさんのampmanは特許を出願または取得されていますか?

  2. もし出願または取得されているなら出願番号または公開番号または特許番号をお知らせください。

  3. もし出願または取得されていないならライセンス契約を用意するので、契約していただけますか?

  4. もしライセンス契約を締結しないのなら、今後ampmanの公開の中止は可能ですか?



突っ込みどころが満載なのですが、それについてはひとまず置いておいて、開発者プロフィールに記載されている山中についての記述もご覧下さい。

16年間大手百貨店に勤務し、販売および、お客様対応を徹底的に学ぶ。その間、趣味ではネットオークション、アマゾン等でネット販売を大いに楽しむ。

平成16年、同社を退職後は、リアルとネットでの実践により作り上げた独自の販売ノウハウで、コンサルティングを行うとともに、セミナーを多数開催。

その後、自らも4500冊の在庫でアマゾン出品をする傍ら、その経験を元に、アマゾン・マーケットプレイス用の販売支援ソフトを開発。17年12月に、ソフト開発・販売会社(有)TPC(ティー・ピー・シー)設立に向けて準備中

「フォトリーダー」「コスモマップ・インストラクター」であるとともに、ウイリアム・リード氏直伝の「マインドマッパー」「ゲリラ・マーケッター」でもある。
続きを読む
posted by ひっそり at 13:41| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

「お待ち」にならない

訪問販売の業界で良く使われる用語に「お待ち」があります。

通常なら忌み嫌われる訪問販売ですが、中にはまるで訪問販売が来るのを待っていたかのようにあっさりと契約書にハンコを押してしまう人がいるのです。そのような人を業界では「お待ち」と呼んで崇めています。

ちなみにうちの義母は典型的な「お待ち」です。自分では警戒心に満ち溢れた性格だと思っているようですが、押入れを開けると価格表示のない百科事典セットや羽毛布団などが出てきます。外に出て屋根を見上げると数ヶ月前まで朝日ソーラーが乗っていました(笑)。


では、ネット上での「お待ち」とは、どういう人なのでしょうか?


「儲かる」と聞けば、疑いもせずについつい情報商材を買ってしまうような人ですね。でも、世の中にそんなに簡単に儲かる方法を教えてくれる人がいるでしょうか? 本当に儲かる方法なら簡単に売り出すとは思えませんし、本気で売るつもりでいるのなら、自分はその方法から撤退する覚悟で超高値で放出するはずです。

私個人の話ですが、会社を設立してようやく軌道に乗ってきたと自分でも思えるようになった頃に、信頼できる会社の社長さんからこのようなことを言われました。


「会社を売る時のことは常に考えておきなさい。良い時に売ることは、経営者として一つの切り札になるんだから。そして、売る時は少なくとも年商の5倍以上の額で売りなさい」


この5倍という数字が妥当な数字かどうかは実際に売ってみたことがないので分かりませんが、それぐらいの気構えと自尊心を忘れずに会社を経営していきなさいということでしょう。また自分はそれだけの無形財産があるんだということを教えてくれたのでしょう。


さて、悪徳情報起業家が売り出している情報商材(=ノウハウ)はどうでしょう? 企業秘密と言うべき手法が記載されているはずなのに、あっさり手放しているとしか言いようのない価格で販売しています。おかしいですよね。

人間なら誰でもお金を稼ぎたいと思う気持ちはあるはずです。それなら自分で稼ぐ方法を考えるぐらいの気概を持たなければ稼げないでしょう。

投資の世界では、「情報を得た時には死に情報」という言葉があります。ネット上に氾濫している情報商材も似た傾向があるでしょう。たとえ本当に稼ぐことのできる方法だったとしても、多くの人がやるようになれば、パイの取り分は確実に減少するわけですから。

そういう常識に反して、参入者が増えてもパイの取り分が変わらないというなら、大資本家がこぞって参入してくるでしょう。

怪しい情報には自ら近寄らない。むしろ自分なりにどうすれば今以上に稼ぐことができるのかを試行錯誤してみる方が楽しいでしょう。心にゆとり(隙ではなく)を持つだけで悪徳情報起業家の魔の手からは遠のいていけると断言できます。
posted by ひっそり at 12:19| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。